腰越城タイプ
 
  基本的形態は、大手口から本郭までの経路が明確に意図され配置されていることであろう。一つ一つの郭を通り抜けて本郭に行き着くタイプ。専守防衛を目的とする詰めの城の意図がはっきりしている。実際は基本パターンに腰郭を多用し、簡単には本郭に行き着けない複雑な郭配りとし、多郭式に造る。このほか竪堀、掘切、塁線の折り、土塁、小口等に工夫を加え城郭を完成させる。近世城郭の基本形をなす。埼玉では比企の城郭に見られるが、城郭の多くはこのタイプが多い。

上田氏が築城とされる松山城はどう見たらよいか?意見を求める。

腰越城タイプの城郭
 腰越城 大築城  難波田城 

    トップに戻る      他の城郭