北武蔵城郭フォーラム

 
武蔵松山城現況

新情報
目次

北武蔵の城郭について
腰越城タイプ
  高見城タイプ
   鉢形城タイプ 
 花園城タイプ
城郭分布図 
城郭各説
北武蔵の中世城郭
比企の3城について
松山城関係上田氏法名一覧
中世後期北武蔵の合戦
北条氏邦の鉢形城入城をめぐって(さいたま川の博物館紀要6)

埼玉県立嵐山史跡の博物館



webページに掲載している資料等の利用については原著作者との関係もありますので無断使用を禁じます

北武蔵の城郭については「岩田書院」から『城郭資料集成北武蔵の城』として出版された
売り切れです。

再版しました
『武蔵松山城主上田氏ー戦国動乱250年の軌跡ー』さきたま出版刊は9月に完売し、多くの方が入手できなくなっていましたが、この度改訂版を「まつやま書房」から出版しました.


比企双書1 (2011/7/2)
改訂版『武蔵松山城主上田氏ー戦国動乱250年の軌跡ー』

改訂版2刷となりました。

比企双書2(2012/1/29)
『関東争奪戦史 松山城合戦』
ー戦国合戦史の虚と実を探る
初版は残部僅少です。

『戦国の境目』秩父谷の城と武将

2013年9月に出版しました

詳しくはこちら


埼玉城郭探訪会のページ

武蔵国の北半分をしめる埼玉県は、豊かな自然に恵まれ、
その中には大自然に育まれ、我々の祖先たちによって
営まれてきたすばらしい歴史があります。
このホームページでは、すばらしい埼玉の歴史上の出来事を
中世の城郭とそれにまつわる資料を中心に紹介し
情報交換の場所にしたいと考えています。
また、順次考古学的発見の事例を主として紹介するなどして
埼玉に住む人が埼玉の歴史に少しでもふれ、故郷を見つめ直し
埼玉に住むことをすばらしいと感じられる
お手伝いをしたいとも考えています。
 
 あなたは78020人目の訪問者です。
再開設以前に46000人の訪問者がありました。

暫く更新しませんでした。専ら「松山城合戦」に関する史料と格闘していましたので失礼致しました。この度まとめて比企双書2として刊行しました。松山城合戦史はここで一応の修正ができたと考えています。長享2年から天正18年まで都合11回の争奪戦があったと考えます。
平成23年正月・久々の更新です。これで一応埼玉県内の中世城郭の調査が終了したと思っています。長い年月がかかりましたがお疲れ様です。
大滝の上中尾砦は調査は終わっていますが、大きな石積の構築で、若干戦国期とするのに躊躇していまして掲示しておりません。
場所は大滝グリーンスクールに入る林道登り、スクール入り口から左手,川俣関所方面に行って、尾根鞍部に一番近づいた所で駐車し、(ここには小さな祠がある)そのまま右手に登ると山頂部に所在します、どなたか検証してみてくれませんか。                           
 2009/12/15 新規  小鹿野町要害山砦
 2009/12/15修正  所沢市根古屋城  滝の城
2006/11/13 新規 武蔵松山城主上田氏の系譜
 2009/04/03新規 秩父で3城新発見  贄川城  小鹿野両谷城  久昌寺砦
2006/05/26 修正 埼玉県城郭目録
2006/04/18 新規 北条氏邦の鉢形城入城をめぐって
06/02/08修正 松山城主上田氏法名一覧
03/08/26修正・新規 伊奈 城 松山城 深谷城 河越館
03/02/18新規 二重囲画方形館について
03/02/09 新規 横瀬根古屋城 古御獄城
02/10/19 新規 後北条氏ゆかりの城郭について
02/08/31  修正 岩付城跡
02/07/28 修正
「吉田の楯」について リンクに誤りがありました
02/07/12新規更新 児玉町雉ケ丘城跡  富士見市難波田城跡
02/5/13新規 嵐山町谷ッ遺跡  滑川町山崎城
02/4/24更新 管理者のページ
02/02/22修正 山田城谷城 両谷城
 11/5/23新規  小鹿野町合角城郭遺構
11/5/28 新規   飯能市岡部屋敷・リュウガイ城、 本陣山砦
 13/1/9新規  飯能市河又城  吉田山城
13/1/20新規 秩父市大滝上中尾砦跡?
                   再掲2005年6月5日 日曜日   開設1999年5月5日                
                  最終更新日    2013年10月18日 金曜日