第一章




 何事も期待し過ぎると、はずれた時のショックが大きいものである。

 それでは、あまり期待せずに出かけることにしようというスタンスで臨んだせいか、心を揺さぶ
られる程の感動を味わうことができた。
 会場はかなり広いので、1日ではとても回りきれなかった。予約がもっとスムーズに取れるので
あれば、もう一度行きたいと思う。


 昔大阪で万博があったそうだが、行ったことがないし、まだ小さかったので当時どれだけ盛り上
がったのかも知らない。知っているのは岡本太郎氏が太陽の塔を作ったということだけである。

 そんなある日、愛知県で万博が開催されることを知る。
 愛知県なら近い。行けるかもしれない。

 だが、自然破壊につながるため万博中止の声が出たり、会場予定地の海上の森にオオタカの
営巣を確認したりと、自然を壊してまで万博を開催する意義があるのだろうか。

 育児に追われていたため詳しい経緯はわからないが、計画の大幅な変更があったものの、万
博は開催されることとなった。
 開催時期が近づいて来ると、買い物に行っても、ごく普通の食料品、例えばお味噌とかポテト
チップスなどに、マスコットのモリゾー&キッコロがさりげなく印刷されていたりするので、いやでも
意識してしまう。

 でもキッコロはかわいいが、モリゾーはどうも苦手だ。
 何となく不気味で怖い。笑った顔はかわいいが…。

 さて前売り券をどうしようかと思案していたら、金券ショップに行くたびに大量に並んでいるのを
目にする。
 過去の経験から開催されると売り切れになるのは必至なので、それまでに買っておいた。

 定価は 大人(18歳〜65歳未満)¥4600  中人(12歳〜18歳未満)¥2500
       小人(4歳〜12歳未満)¥1500   シニア¥3700(65歳以上)。

 値段は忘れたが、金券ショップで多少なりとも安く買えてうれしい。

Nの街へ 第二章へ