20133_01.png

「時に、初春の令月(れいげつ)にして、気淑く(き よく)風和ぎ(かぜ やわらぎ)、

梅は鏡前の粉(こ)を披き(ひらき)、蘭は珮後(はいご)の香を薫す(かおらす)」


「時あたかも新春の好き月(よきつき)、空気は美しく風はやわらかに、

梅は美女の鏡の前に装う白粉(おしろい)のごとく白く咲き、

蘭は身を飾った香の如きかおりをただよわせている」

新たなる創造のはじまり

和 

土と人との出会い。

つながる「出逢い」の舞台







土と炎が織りなす信楽焼。
悠久の時を超えて、巡り会う焼き物。
深い伝統が香りを漂わせている。
手に馴染む焼き物でありたい。




千利休に愛された茶陶。
信楽焼の歴史は時代の流れとともに、
火鉢、植木鉢、傘立てと姿を変え、
次第に民衆の生活に浸透していった。
広く愛される信楽焼は、日常を演出する
とても身近なところにある自分たちの未来を
デザインする道具となってる。











次のページへLinkIconH.P - CONTENTS 三平陶房 目次

三平陶房の心の歳時記LinkIcon新作H.P 心の歳時記

01

土と炎が織りなす
信楽焼。

手に触れると、土味の良さを
実感して頂けます。

02

悠久の時を超えて、
巡り会う焼き物。

燃え上がる炎に
やきものという芸術が生まれる。

03

深い伝統が香りを
漂わせている。

美しい窯元の風景を
作り出し、気品ある焼き物の香りを漂わせている。


04

手に馴染む
焼き物でありたい。

温かな風合いが、実用性だけでなく、
日常生活のささやかな癒しを与えてくれる。







LinkIcon三平陶房H.P 目次
LinkIconお問い合わせフォーム
LinkIcon三平陶房top
LinkIcon信楽町民生・児童委員
LinkIcon縁起物.干支
LinkIcon三平陶房live2
LinkIcon信楽探訪