プロフィール | 生い立ち | セナ F1略史


プロフィール




(写真提供 アイルトンtomo様

アイルトン・セナ・ダ・シルバ
[Ayrton Senna da Silva]


1960年3月21日生まれ、1994年5月1日没

ブラジル・サンパウロ出身

血液型:RH+B型

身長:174cm  体重:70kg  視力:両眼ともに2.0
(年により若干の変化あり)

家族構成
父ミルトン、母ネイジ、姉ビビアーニ、弟レオナルド

尊敬するレーサー
ファン・マニュエル・ファンジオ、ジム・クラーク、ジル・ビルヌーブ

好きなコース
エストリル、シルバーストン、鈴鹿

F1通算成績
出走161回、優勝41回、PP65回、FL19回、総獲得ポイント614、
1988・90・91年ワールドチャンピオン
(詳細な戦績は、セナ全記録 へ)


今なお多くのファンや関係者から史上最高と称えられている偉大なレーシング・ドライバー。 幼少期からゴーカートに親しみ腕を磨いた後、ヨーロッパに渡り本格的自動車レースへ。 1984年からは自動車レースの最高峰、F1世界選手権にトールマンからデビュー。 雨のモナコGPなど早くも才能の片鱗を見せ付け、翌85年には上位チームのロータスへ移籍。 しばしば光る走りを見せ、次代のチャンピオン候補としての地位を確立する。

この頃からすでに、1周の速さを競う予選ではポールポジション(予選1位・PP)を量産しており、 多少のマシン的ハンディキャップをものともせず、 見事なまでのマシンコントロールと集中力で、「速さ」ならセナにかなうものはいないことを知らしめた。 以後、通算PP数は65回を数え、予選での限界ギリギリの走りはセナの魅力の一つになっている。

88年にはトップチームのマクラーレンに移籍。 その年早くもチームメイトで2度のチャンピオンであるアラン・プロストを破り、 初のワールドチャンピオン。その後も90、91年と王座を獲得し、名実ともにF1界の頂点に登りつめた。 92、93年はライバルチームのウイリアムズの大躍進の前に苦戦を強いられるが、 そんな不利な状況の中で次々と伝説的なレースを展開し、セナの評価は一層高まった。

94年、さらなる飛躍を求めてウイリアムズに移籍。しかし神経質なマシンに苦悩する。 そんな中、第3戦サンマリノGPで1位走行中にマシンが操縦不能に陥りコンクリート壁に激突し事故死。 伝説になる。

常に努力を忘れず全力・限界ギリギリでレースに取り組む姿勢は人々を感動させた。 日本人的にはそんな生真面目な性格と、ホンダとの友情などから、共感を覚えたファンも多い。 精密機械のような精確さと、情に厚い人間臭さを併せ持ち、 それは芸術的なドライビングとして如実に現れ、 多くのファンを魅了した。



プロフィール | 生い立ち | セナ F1略史


TOPへもどる