2002年 | 2003年 | 2004年 | 2010年

F1ひとりごと2010



11月26日 ヘルメットデコ

最近、私の妻と母親と妹がスイーツデコなるものを始めました。

スイーツデコとは、粘土等でミニチュアサイズのスイーツ(クッキーやドーナツ、マカロン、ソフトクリーム等…)の飾りを作るものなのですが、 私も暇をもてあそんでいたので、余った粘土でこんなものを作ってみました。


 


ソフトクリームやドーナツに交じってひときわ映える黄色い物体…、そう、セナのヘルメットデコです! 黄色い粘土で形作ったヘルメットに携帯電話のデコレーションに使うようなピカピカの部品(!?)を張り付けました。 ただ、素人、それも手先が不器用な私が思いつきでその場で作ったものなので、出来は決して自慢できるものではありませんが…。

一応、92年モデルのつもりで作り始めたのですが…ヘルメットの形も簡単そうで難しい。 造形の仕事をしていた妹に言わせると、「単純な形ほど難しい」ようです。 デフォルメもいいとここで、分かる人しか分からない…とりあえずお遊びということで…。



10月8日 映画「アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ」

上映初日の今日、早速セナの映画を観てきました。

セナの映像はビデオ等でよく観ているのに、映画館の大画面でセナの姿を観て、大音量でセナの声を聞いたとき、 セナに「再会」したような懐かしい気持ちになりました。 「ここをこうした方がよい」みたいなところは何ヵ所かありましたが、 限られた時間の中で全体的にはよくまとまっていたと思います。 このような映画を製作していただいて、ファンとしてはうれしい限りです!

私は今日は一人でじっくり観ましたが、2回目は妻(F1はあまり知らない)と行こうと思っています。 何の情報もなくてもセナの生き方や偉大さがわかってよいとは思いますが、 やはり内容がやや専門的で特殊なので、F1をあまりよく知らない方と一緒に観る場合は、 プロストとのライバル関係やバレストルのセナへの不当な待遇等を簡単に説明しておくと内容がよりわかりやすくなるかもしれません。

F1にあまり詳しくない友達や恋人、ご家族等に、セナがなぜ偉大なのか、 そしてなぜ自分自身がセナを尊敬しているのか等を説明したうえで映画を観れば、 セナへの想いを共有できるのではないかと思います。

以下、映画についての具体的な感想(良い所、改善点等)を記します。 ストーリーはセナの人生そのもので、その内容はみなさんがご存知の通りです。 事前に内容を知ったところで楽しみが減るということはないとは思いますが、一応「ネタバレ注意」ということにします。 事前にどんな内容か知りたい方や、映画を観た後にご覧いただければと思います。


セナ映画の感想(ネタバレ注意!)



TOPへもどる