林 正幸と主万子のホームページ

  ―高校の理科(化学)と英語を中心としたページ―

Welcome to the Home Page of Mr. & Mrs. Hayashi

(http://www.water.sannet.ne.jp/masasuma/index.htm)



私たちのホーム  

案内図に(to the Guide)

  あいさつ( Greeting )

 私たち夫婦も、情報の民主的な発信と交流ができればよいと考えて、自分流のホームページを開きました(96年9月10日にスタート)。内容は下に続く3つで構成されています。
     林 正幸の部
     林 主万子の部(to Sumako's Part)
     アルケミストの会
3つ目は正幸が参加している化学(理科)教育サークル「アルケミストの会」がインターネットを利用して活動するためのものです。
 私たち夫婦の住まいは愛知県一宮市で、電子メール(e−mail)アドレスは
     masasuma@water.sannet.ne.jp
です。

 このホームページへのリンクは自由に張ってくださることを歓迎します。なおこの内容を教育実践のため以外に利用される場合は予め連絡をしてください。
  (追加・更新したのは2016年5月27日です。)

     あなたは人目の訪問者です(02年8月20日からでは)。

  What’s New(まさ)
 これはくり返し訪問してくださる方に、最近追加した情報をお知らせするものです。ちなみに個々の情報にはすべてその右上に作成ないし改訂した年月が表示されています。(concerning to Masayuki's Part)

  案内図に( to the Guide )
 他人のホームページは道に迷ってしまう可能性があります。案内図を手がかりにして訪問していただくのもひとつの方法です。
 案内図へ行くにはどこかの「案内図に(to the Guide)」をクリックしてください。

林 正幸

1 自己紹介

 私は03年3月に高校の理科(化学)教師を退職し、なお理科教育に関心を持ち続けている72才(14年11月現在)の自由人です。これからの目標は自然科学や技術をより深く学ぶことと、理科教育の発展のために貢献することです。そして次のサークルや組織に所属しています。
     MOLの会(愛知県下の化学教育サークル)
     アルケミストの会(全国の化学(理科)教育通信サークル)
     EHC( Electronics Hobby Circle )
     科学教育研究協議会(科教協 日常的には愛知県事務局として)
     先進科学塾@名大
     愛知物理サークル
     愛知理科の会
     熱力学勉強会
     愛知科学教育ネット(akkn)
     環境問題を勉強する会(現在は福島原発事故勉強会)
最後のサークルは、私が「社会の未来像」にも関心を寄せている証です。

 なおすべての個々のファイルの始めには、年月と氏名(林 正幸)が記されています。たとえば「12.1」は西暦2012年1月に作成したことを意味します。

2 私が好きな実験(〜03.1)

 実験が理科の授業の基礎になることは言うまでもありません。私はたくさんの生徒実験をしています。自分で考案したものも、他人から盗んだものもあります。ここに紹介するのはすべて手がけたことがあり、かつ自分流に仕立て上げたものです。授業実践に役立ちそうなら、どうぞ気軽に利用してください。ただし危険防止については、予備実験をして自分で責任を持ってください(他の項の実験も同じ)。

2n 私が好きな実験(03.2〜)


3 私の教材と研究・主張など(〜03.1)

 自己紹介(退職前の)で書いた「化学教育づくり」に対して、私はそれぞれのテーマを設けて作文することで構成していこうと考えています。それは「教科書」になる教材だったり、理科教育に向けての主張だったりします。その内容は理科の他の分野や技術に係わるものも含みます。ご意見・ご感想をいただきたいと思っています。

  授業プリント(化学)

 また99年1月から4年を掛けて作成してきた、私の授業プリントも掲載しています。

 林 正幸に対するご意見・ご感想は、 電子メール でお願いします(他のすべてのファイルについても) 。

3n 私の教材と研究・主張など(03.2〜)


  化学の講座プラン

 新たにテーマ毎に高校生向けの講座プランを作成していきます。これは教科書や受験指導などの制約から自由になった立場から、自分として次世代のために望ましいと考える化学教育の内容を具体化しようとするものです。対象は「化学に興味・関心がある高校生」です。
 そしてこの講座プランを実践する場を求めています。(04年1月)

  興味・関心がある高校生のための

    化学講座(基礎編)

 退職後11年間の私にとって集大成と言えるものです。この2年間で改訂した上の「講座プラン」の最新版を統合し、たくさんの提案をしています。14章からなり、A4で348ページ、実験は153個あります。(14年9月)


案内図に(to the Guide)

4 掲示板

 私が所属しているサークルや、仲間で企画する行事についての案内を紹介します。

  「MOLの会」の通信

 また「MOLの会」の通信も掲載しています。

  環境問題を勉強する会の「環境問題通信」

 環境問題を勉強する会の「環境問題通信」も掲載しています。

  愛知科学教育ネット(akkn)

 このメーリングリストの紹介です。

5c 化学URL(リンク)集(まさ)

 友人のホームページにリンクできるようにしています。また理科教育や科学・技術の情報を探すためのものでもあります。


6 高校生の質問とその返事

 化学(や理科)に関して、高校生それから大学生や中学生などから電子メールで寄せられた質問と、それに対する私の返事を、編集して掲載しています。
 質問があれば 電子メール で寄せてください。ちなみに私自身が質問を機会に勉強しています。なお私の力に余る場合は返事が出せませんので悪しからず。
    お願い
 質問はできるだけ疑問点を具体的に書きましょう。言い換えると「自分としてはどこまで考えたか」あるいは「どうしてその疑問が湧いたか」などを書いてください。そして年令や学習歴が分るようにしてください。どのように返事を書いたらよいか、迷うことがあります。


  高校生の皆さんへ

 上の3の項目の中にある「講座プラン」や「授業プリント」などに
 掲載している文章は高校生のために書いたものです。
 化学や科学・技術に興味がある高校生、ものごとを深く理解することに
 関心がある高校生の皆さんは、ぜひ覗いてみてください。
 そしてできるなら感想・疑問・意見などを 電子メール で寄せてください。
 また私のホームページの他のところについての感想・意見も歓迎します。

 (このイラストは私の生徒の原田さんが描いたものです。)

7 先進科学塾@名大(Advancing Science Workshop)の案内

 03年5月から名古屋市科学館で始めた先進科学塾は、高校生・社会人などを対象に本来の科学教育を実現する活動として60回弱の講座を開いてきました。この間にスーパーサイエンスハイスクール(SSH)と共同のSSH先進科学塾の活動も数回実現しました。そして13年6月からは名前を先進科学塾@名大と改め、名大を軸にさらに多様な活動を開始しました。


案内図に(to the Guide)

林 主万子( Ms. Sumako Hayashi )

1 自己紹介( Self Introduction )

 I am a Japanese woman who teaches English at a high school. I'd like to share ideas and experiences of teaching English with those who teach English as a second language or who are interested in Neuro-Linguistic Programming(NLP). I am very interested in integrating teaching English and helping my students develop themselves in terms of NLP. I completed Master Practitioner course of NLP, which led me to a deeper understanding of its concept and invites me to use techniques in my life. I am a member of The Japan Association of Language Teaching (JALT) and also belong to a NLP group which consists mostly of those who took the Master Practitioner Course in Nagoya, Japan.

2 英語教育に関する私の意見(My Opinion on English Education)

3 URL集(すま)( URL Content for Sumako )

 友人のホームページのURLを掲載して、リンクできるようにしています。自分のために作っているURL集もあります。

案内図に(to the Guide)

アルケミストの会

 96年11月から試しに動き始めた「アルケミストの会のホームページ」は、97年8月の総会で正式に承認されました。

インターネットを利用する活動の方針


ここが アルケミストの会のホームページ への入口です。




(以上)